車査定 車の売却方法の種類

車の売却方法の種類

乗らなくなった車を売却する場合には、様々な方法があります。
自分でオークションなどに出すという方法もありますが、この場合は売却に必要な手続きというものをすべて自分で行うことになります。
車の所有権などについて専門的な知識と経験があればともかく、そういうことでなければちょっと大変です。

 

まず最も一般的なものといえるのが、次に新しい車を買う販売店やディーラーに下取りしてもらうというものです。
この方法のメリットは、とかく面倒な「車の売買」という手続きを一度に完了できるという点にあります。
車というものは税金などの関係から、手放す時にはもちろんのこと新たなに取得する際にも何かと書類が多く手続きが煩雑になりがちですが、この方法であればこうした複雑な手続きについても特に問題なく進めることができます。
実際に車の取引をするのは「車のプロ」である販売店やディーラーなのですから、売買の処理については業者に任せておけば良いでしょう。

 

もっとも、取引に必要な書類は事前に売る側で用意しておく必要があります。
販売店やディーラーに下取りしてもらう場合のデメリットは、それほど高額にならないという点と、金額の根拠が今ひとつ不明であるという点です。
自分ではそれなりの金額になると思っていたのが結果的に数万円程度の割引にしかならなかったり、その理由についてもそれほどはっきりしないケースがほとんどです。
下取りに比べて高額での売却を希望するということであれば、車の買取を専門に取り扱う業者に買取に出すというものがおすすめです。
車の買取を専門に取り扱う業者の場合は、下取りと異なりその業者から新しい車を買う必要がありませんので、純粋にその車の相場で買取金額を設定してもらうことができます。

 

もちろん車の買取にもそれなりの手続きが必要となりますが、こうした手続きについても買取業者に任せておくことができるというメリットがあります。
複数の業者に見積をとれば競争の原理が働いて買取金額が高くなることも期待できますので、もし車の売却を考えているのであれば、こうした方法も選択肢として考えておくと良いでしょう。