車査定から買取までの流れ

車査定から買取までの流れ

車を買取に出す場合、実際に買取金額が算出されるまでには様々な手順を踏むことになります。
この、車の買取見積から買取の金額を受け取るまでの流れというものについてはそれぞれの買取業者ごとに微妙に異なる部分もあるものの、基本的な部分についてはほぼ共通していますので実際に車を買取に出す前に確認しておきましょう。
車の買取金額の見積を買取業者に依頼すると、数日〜数週間で買取金額が提示されます。

 

しかし、この段階ではまだ車種や年式といった基本的な情報でのみ判断しているだけですので、正式な買取金額というわけではありません。
インターネットでは複数の買取業者に一括で買取見積を依頼することができるサイトがありますが、このサイトで依頼した場合には実際に査定をしてもらう業者を選定することになります。
車の買取金額というものは、実際にその車を直接確認したうえで査定を行わないことには計算することができませんので、査定を受ける業者を決めた後は査定をしてもらう日にちを決定します。
もちろんひとつの業者だけに査定を依頼する必要はありませんので、見積を依頼したすべての業者に査定を依頼しても良いでしょう。
査定を行う業者が増えればそれだけ査定のスケジュールを立てる必要があるものの、買取金額についてもそれだけ高く査定してもらえる可能性が広がります。
査定は買取業者が直接車を確認することで行われます。

 

この段階では車の外観や内装をはじめ、付属品やオプションの有無など、詳細な車の状態を確認することになる他、直接担当者と接することになりますので気になる点等があればここで解消しておくと良いでしょう。
査定が完了すれば次は契約です。
複数の業者に買取査定を依頼していた場合は、当然ながらここで契約する業者を決めておく必要があります。
業者と契約をすれば、その後は買取の手続きです。
必要書類を揃えて業者に手続きを依頼し、すべての手続きが完了すれば計算された買取金額が入金されます。