車査定 買取後の車の行方

買取後の車の行方について

車を買取に出した後はどこへ行くのか、買取後の車の行方というのはやはり気になるものです。
最も多いパターンが、ネットオークションに出品されるというものがあります。
とはいえ、普通のネットオークションとは異なり、参加を許可された業者だけが出品や落札などの取引ができる専門的なオークションとなります。
こうした「許可された業者のみが参加可能」なオークションというものは、中古車買取業者に限ったことではなく、様々な業界で展開されています。

 

このネットオークションの目的は、大きく分けて2つあります。
ひとつは、買い取った中古車を売却するというもの。
これは車の買取を専門に行う業者からすればかなり重要な目的といえます。
車を買い取っただけではその車は資産にはなるものの利益にはならないからです。
その後車を利益に変えるためには、何らかのルートで売りに出さなければならず、そのためのルートがネットオークションということになります。
買取業者は車を買い取った金額と、売りに出した金額との差額を利益とすることができますので、こうした場は非常に重要な存在となります。

 

ネットオークションのもうひとつの目的は、「車を仕入れる」ことにあります。
先述の通りこのオークションに参加できるのは許可された業者だけであり、実際に取引を行うのも一般人ではなく買取業者ばかりです。
買取業者は常に幅広く車の在庫を持っておくニーズがありますので、一般から車を買い取るルートに加えてこうしたオークションからも車を仕入れています。
たとえば故障した車なども、部品販売を専門とする業者にとってはニーズがありますのでこうしたオークションを利用する意味があるということになります。

 

この他、買取業者自体が中古車販売も手がけている場合があります。
その場合には買い取った車はそのまま買取業者の店舗で販売されることになり、業者の中には先述のオークションと併用して店舗販売も行っているケースもあります。